山守 YAMAMORI
林業×ITで山林情報をデータベース化し、
山林の保全や価値を生み出すことによって
山で遊ぶ、山に関わりたい人を増やし
積極的に活用するマーケットを作ります。

山林・林業の現状

日本の山林は相続によって細かく分割され小規模の土地が多く、国産木材の市場価値が下がり
補助金無しでは材木としての林業は採算が合わないため放置され、固定資産税だけ毎年掛かり、
負の資産と化してしまっている山林が数多く存在します。
そのため、森林がしっかり管理されず、木が十分に育たず、土砂崩れや洪水を引き起こしたりするなど、
より深刻な状況を招く可能性が高まっています。
次世代に残したい里山創りのため
山林の管理・育成をお任せください!
木材の多様な活用や様々な価値を
創生できる可能性があります!
(山の所有者) (山で仕事をする職人) (山を活用する人)

三者を繋ぐ林業IT
融合したサービスです。

三者をただ繋げるのではなく、事務局が間を取り持つことで
トラブルを無くし円滑な運営を行います。

山林の運用をスマホで山仕事のプロが管理・作業を行います。

見える

お持ちの山林情報をご登録ください。山仕事のプロ(山行)が現地調査を行い境界線の把握や写真撮影、資産価値の算出を行います。
その情報を山林ごとに整理し、スマホで確認できる画面をご用意します。ご自身の資産状況の把握にお役立てください。

活かす

現在の状況に応じて、山林活用のアドバイス(伐採計画や補助金申請などの提案)を行います。作業依頼はスマホから可能で、山仕事のみでなく必要書類の取得や申請書類作成も代行します。
山で採れた山菜やクワガタなどの情報もお届けいたします。

ふせぐ

近年、台風による土砂崩れなど、山の災害が続いています。管理していない山林で災害が発生し、万が一近隣の住居などに被害が及んでしまった場合、所有者はその管理責任を問われることがあります。
当サービスに登録いただいた山林は、山行きが定期的な見回りを行うことで危険を察知し、対策を提案できます。民法第717条:土地の工作物等の占有者及び所有者の責任

山林の仕事を増やそう林業従事者である事務局がサポートします。

できる

当サービスの事務局は、林業従事者が行います。
スマホに不慣れな方でも事務局がサポートします。
普段の作業指示や山持ち(お客様)への報告は事務局が行います。また、作業現場への事務局の同行も可能です。

選べる

作業依頼とその報酬をスマホで確認できます。
作業現場の場所や作業内容を確認し、対応可能な依頼をお選びいただけます。
納期に余裕がある依頼が多く、ご自身の空き時間を活用いただけます。

はやい

作業完了後、その報酬はすぐにお受け取りいただけます。
事務局は、作業完了を確認すると、月締めや年末締めではなく、すぐにお支払いします。

売買・レンタルのマッチング

当サービスは。「山持ち」と「山欲し」のマッチングの場を提供します。
山林のプロ(事務局)がその間に入り、金額査定や撮影、アピールポイントの作成を行います。また、事務局は都会で暮らす「山持ち」に代わり、必要書類の取得や「山欲し」の現地案内も行います。
木材としての利用価値のみでなく、レジャー(キャンプ場やレクリエーションフィールドなど)としての活用方法もご提案します。
売買成約の際は、司法書士や不動産鑑定士などの専門家を手配します。

「山欲し」は、売却・貸与の山林リストから条件を選んで、希望に沿った山林を探すことができます。山林詳細で山林の動画や写真、用途などを確認し、「山持ち」に問い合わせやオファーができます。
また、希望する山林が無い場合、希望条件を登録することで、該当する山林を「山持ち」から逆にオファーを受けることが可能です。
山守は負債化した山林を調査し
レジャー資源としての活用提案をはじめ、
活用するための整備や保守などを手助けし
山林の付加価値向上や保全を行います。

で出来ること

スマホで簡単に
山の状況が見える!山林資産を活かす!山の事故を防ぐ!

主なご利用の流れ

  • 1.山林登録

    会員登録後、お持ちの山林の情報をご登録ください。
  • 2.山林調査

    山林ごとに場所や境界、山の状況やリスクなどの調査を行います。
  • 3.活用提案

    山林の状況に合わせた最適な活用のご提案を行います。
  • 4.作業依頼

    作業を依頼し、最適な山行きを配置して施工を行います。
  • 5.報告

    作業完了後、レポートで報告しスマホで確認できます。さらに継続して見回りや活用提案なども行います。

主な依頼内容

  • 登記確認 山林の登記を確認します
  • 現地調査 山林の現地調査を行いご報告いたします
  • 枝打ち 余分な枝を切り落とし害虫や病気を防ぎ木の価値を高めます
  • 間伐伐採 やせた山にならないよう成長途中の木を間引きます
  • 土木工事 危険な箇所を土木工事で未然に災害を防ぎます
  • 下刈り 雑草木におおわれて成長が妨げられないよう雑草木を刈取ります
  • 道付け 山林の道付けを行いトラックが入れるようにします
  • 助成金申請 枝打ちや間伐、下刈りなど助成金申請を行います
  • 伐採 木を伐採し売却を行います
  • 植林 木を植え育て、将来的に木材を売ります
  • 大木伐採 大木を伐採し売却を行います
  • 評価額算出 山林の資産価値を算出し売却価格の検討を行います
  • 土地貸与 土地の貸与のための賃借人の募集を行います
  • 土地売却 土地の売却のため購入者の募集を行います

運営会社

代表松本 直樹まつもと なおき
「日本国土の約70%を占める山林に、ITの力で光を当てる」
経 歴
奈良県吉野郡東吉野村麥谷の出身。先祖代々、林業(素材業)を営む松本家の長男。
桜井中学校、畝傍高校卒業。
2007年 立命館大学大学院(理工学部情報処理学科)を卒業、同年アクセンチュア株式会社に入社。
ITコンサルタントとして、製造・流通業界を中心に、システム開発プロジェクトに従事。
2012年 株式会社エム・エー・ディーの取締役に就任。
BtoBの受発注業務において、FAXからWebへの切り替えによる業務効率化に貢献。
2017年 父から松本林業を引継ぐ。桜井木材共同組合及び日本木材青壮年団体連合会 会員。
自身の保有する山林から原木を出材しつつ、山林管理の問題(分からない、手入れできない、放置できない)にITの力で取り組む。
森本 司もりもと つかさ
経 歴
高校卒業後すぐに家業である林業(素材業)に従事(約20年の実務経験)。
奈良県吉野山地域を中心に育林から間伐、搬出作業を行っている。また地域の材木関係の青年部活動にも積極的に参加。(桜井木材共同組合青年経営者協議会 前会長)
吉野地方独特の優良材を未来につなぐ林業を目指す。

お問い合わせ

お名前*
お名前(フリガナ)*
会社名・屋号
会社名・屋号(フリガナ)
メールアドレス*
電話番号*
ご質問やお問い合わせ*

ブログ

タイトルが入ります

ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容

カテゴリ名カテゴリ名
2020.6.1

タイトルが入りますタイトルが入ります

ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容

カテゴリ名カテゴリ名
2020.6.1

タイトルが入りますタイトルが入ります

ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容

カテゴリ名カテゴリ名
2020.6.1

タイトルが入ります

ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容ブログ内容

カテゴリ名カテゴリ名
2020.6.1

お知らせ